一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

微量PCB汚染廃電気機器等の無害化処理認定制度 5件目の環境大臣認定を実施

【発表日】 2011.11.08 【情報源】 環境省 【ごみ・リサイクル ごみ処理

 環境省は、廃棄物処理法に基づき、微量PCB汚染廃電気機器等無害化処理に係る大臣認定を平成23年11月8日付けで行ったと発表。
 今回環境大臣の認定を取得したのは、秋田県大館市のエコシステム秋田株式会社から申請のあった廃ポリ塩化ビフェニル等、ポリ塩化ビフェニル汚染物又はポリ塩化ビフェニル処理物の焼却施設。
 この施設は、焼却(ロータリーキルン式焼却炉) により、廃PCB等で1日あたり14.4キロリットルの処理能力を持っている。
 なお、今回の認定は、微量PCB汚染廃電気機器等無害化処理認定としては、財団法人愛媛県廃棄物処理センター(平成22年6月認定)、光和精鉱株式会社(平成22年12月認定)、株式会社クレハ環境(平成23年2月認定)、東京臨海リサイクルパワー株式会社に続き、5件目となるもの。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク