一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

日産自動車、EV「リーフ」を国際的な非営利団体に無償貸与するプログラムを開始

【発表日】 2012.04.12 【情報源】 企業 【環境一般 CSR

 日産自動車は、世界の援助団体の車両運営を手掛ける非営利団体、フリート・フォーラムと結んだ電気自動車(EV)普及パートナーシップの覚書に基づき、EV「リーフ」を国際的非営利団体に無償貸与するプログラムを始める。対象に5団体を選んだ。各団体はスイス、イタリア、英国でリーフを使用する。

 フリート・フォーラムは2003年に設立された。非政府組織(NGO)、国際機関、国連、学術機関、企業パートナーなどの協同組織で、会員団体の車両運営・管理を実施し、資源の節約やコスト削減を目的に活動している。各団体は世界で8万台以上の車を使用している。日産とのパートナーシップは、2011年3月の年次会合で合意した。

 プログラムは、リーフによって車両の運用効率を高め、コストを削減するとともに環境負荷を抑えることで、EVのメリットを体感してもらうことが狙い。フリート・フォーラムは日産と協力してEV利用のデータを収集・分析し、EV運用に関する知識を取得。EVの効果的な利用をアドバイスできるようにしてEV普及につなげる。

 選定されたのは、国連世界食糧計画、赤十字国際委員会、国連難民高等弁務官事務所、イスラミック・レリーフ、国連ロジスティックベースの5団体。それぞれ活動の中でEVがどのように活用できるかを学ぶ。このうち、スイスでリーフを利用する国連世界食糧計画と赤十字国際委員会に対し、ジュネーブで開かれるフリート・フォーラムの年次会合で、リーフのキーが渡される。【日産自動車(株)】

提供:ECO JAPAN(日経BP社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース