EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
オランダ、環境政策を一新するための覚書を提出    
次の記事へ
 件数:10710件
 新着順に表示
 1691-1698件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2014.03.12  情報源 | オランダ  カテゴリ | 環境行政 >> 法令/条例/条約
オランダ、環境政策を一新するための覚書を提出
 オランダ社会基盤・環境省のマンスフェルト環境担当副大臣は、環境政策を21世紀型へと一新するため「環境政策の近代化」と題した覚書を第二院に提出した。この数十年間で酸性雨やスモッグが減少するなど多くの環境問題が改善され、人々の生活はより健康的で安全なものになった。しかし、自動車の排ガスによる大気汚染や、遺伝子組み換え生物やマイクロプラスチック等の新たな物質が健康リスクを引き起こすなど、いまだ問題は多い。このためオランダ政府は、健康に重点を置き、新たな協調体制を築く近代的なアプローチが必要だとして、環境政策の一新を提案した。
 新政策のもと、政府は環境や持続可能性の分野に関わる多くの一般市民や企業が有する能力を活用できるよう、持続可能な行動に対する見通しと着想を与える行動計画を開始するという。国境を越えて起きる大気汚染問題に対する国際レベルでの協力に加え、健康的な居住環境の実現に必要な都市レベルの小規模なイニシアティブの実施、既存の法規制の簡素化など国内での取り組みも強化したいとしている。【オランダ社会基盤・環境省】
記事に含まれる環境用語 |
遺伝子
酸性雨
大気汚染
プレスリリース |
http://www.government.nl/ministries/ienm/news/2014/03/11/state-secretary-mansveld-modernises-environmental-policy.html

ページトップへ