一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、WWFの「アースアワー」に参画

環境一般 CSR】 【掲載日】2014.03.27 【情報源】企業/2014.03.24 発表

 ソニー傘下で映画・テレビ番組の制作・配給を手掛けるソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は、世界自然保護基金(WWF)の国際的な環境ムーブメント「アースアワー」に参画する。自社映画の「スパイダーマン」が協力し、「各人の持てる力を発揮し、地球を守るスーパーヒーローになろう」とのメッセージを世界に発信する。
 アースアワーは同じ日、同じ時間に世界中で電気を消す行動を通して地球環境を守る思いを分かち合うイベントで、150以上の国・地域、約7000の都市や街の人が参加する。2014年は3月29日午後8時半〜9時半に日付変更線に近い国から順次、実施され、映画「アメイジング・スパイダーマン2」(日本公開4月25日)の関係者たちが支援する。
 当日、主人公のスパイダーマンや出演者、監督らがシンガポールで開かれるアースアワーのイベントに出席する。日本では、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第38回総会が行われている横浜市でWWFジャパンがイベントを主催する。市や各施設が参加して消灯を行い、午後8時半のカウントダウンでスパイダーマン・イベントを開催する。
 SPEはさらに、森林伐採を防ぎ、パンダの生息環境を守るWWF中国などのプロジェクトに熱効率の高いコンロを寄付する。併せて、アメイジング・スパイダーマン2の制作とプロモーションで排出した温室効果ガスの埋め合わせ(カーボン・ニュートラル)を実現する。これらのことから、アメイジング・スパイダーマン2は、SPEで最も環境に配慮した娯楽大作と位置付けられる。【(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ