EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ政府、排出基準を満たさない輸入自動車やエンジ... 
次の記事へ
 件数:10554件
 新着順に表示
 1086-1093件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2015.02.19  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
アメリカ政府、排出基準を満たさない輸入自動車やエンジンの取締りをカリフォルニアで実施
 アメリカの環境保護庁(EPA)と税関国境警備局(CBP)は、カリフォルニア州の港湾で、大気浄化法の規定に違反し適正な汚染防止装置のない外国製の車両やエンジンの輸入品の取締りを実施し、その結果を公表した。EPAによると、四輪バギー(ATV)、オートバイ、発電機など730点以上の車両や部品が押収されるか輸出国に送り返された。違反企業も公表した。EPAは、この日発表された違反車両やエンジンは、国内に入れば年間35万ポンドの汚染物質を排出しただろうとしている。
 適正な排出抑制装置のないエンジンは、大量の一酸化炭素や炭化水素、窒素酸化物を排出し、呼吸器疾患の発症や喘息悪化を引き起こし、地表オゾン(スモッグ)の原因ともなる。EPAとCBDは、今後は毎月のペースで検査を行うとしている、
大気浄化法では、連邦の排出基準を満たすことをEPAが証明しないかぎり、新規のエンジンや車両の輸入・販売を禁じている。証明書を取得するには、製造者・輸入者は、エンジンや車両の排出抑制システムなどを説明した申請書と、該当する連邦排出基準に合致することを証明する排出データをEPAに提出しなければならない。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
オゾン
一酸化炭素
港湾
窒素酸化物
排出基準
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/ed2175a31e1eeaa085257df10071720e!OpenDocument

ページトップへ