EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
欧州議会環境委員会、排出権取引制度の改革案を承認   
次の記事へ
 件数:10511件
 新着順に表示
 1037-1044件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2015.02.24  情報源 | EU  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
欧州議会環境委員会、排出権取引制度の改革案を承認
 欧州議会の環境委員会は、2015年2月24日、欧州排出権取引制度(ETS)を改革する新たな法案を承認した。改革案は、排出枠の価格を支えるため取引可能な余剰分を削減するもので、余剰分が一定の限度を超えると、一部が自動的に市場から引きあげられリザーブ(予備貯留分)に入る新たなメカニズムを提案している。また、余剰分を早期に解消するため、この新メカニズムの導入時期を、欧州委員会が提案していた2021年から繰り上げ2018年とすること、バックロード(延期)されていた9億ユーロ分の排出枠も自動的に市場に入るのではなく、一時的にリザーブに戻るようにすること、3億ユーロ分のオークションで得られる利益で低炭素技術への移行を促すための「エネルギー・イノベーション資金」を設置することも提案した。今後は、各加盟国との交渉を開始し最終合意の早期成立を目指すという。【欧州議会】
記事に含まれる環境用語 |
オークション
排出権取引
プレスリリース |
http://www.europarl.europa.eu/news/en/news-room/content/20150223IPR24703/html/Environment-Committee-backs-ETS-market-reserve-advocates-early-start

ページトップへ