一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

日立グループ、WWFのキャンペーンに参加、21カ国で看板やオフィス照明を消灯

【発表日】 2015.03.19 【情報源】 企業 【環境一般 CSR

 日立製作所を中心にした日立グループは、世界自然保護基金(WWF)が展開する世界最大の環境キャンペーン「Earth Hour(アースアワー)2015」に参加する。日立の拠点がある世界21カ国で、現地の時間で3月28日の午後8時半から同9時半までの1時間、看板やオフィスの照明を消灯する。日立は今回、アースアワーに初めて参加する。
 アースアワーは、同じ日の同じ時刻に世界の人たちが電気を消し、温暖化防止、地球環境保護の思いを分かち合う国際イベントで、2007年に始まった。今では150カ国以上の7000を超える都市で行う世界最大の環境イベントになった。日立は世界規模でライトダウンすることで温暖化防止や環境保全への意識向上を図るため、参加を決めた。
 日立はこれまでも、「日立グループ夏季節電運動」として国内でライトダウンを実施してきたが、アースアワーを加える。「日立グローバルライトダウンキャンペーン」と名付け、大阪市浪速区の通天閣の広告をはじめ、オーストラリア・シドニー、中国・上海、香港、タイ・バンコク、アラブ首長国連邦・ドバイなどで看板の照明を消す。
 日立グローバルライトダウンキャンペーンには90社の21カ国・206拠点が参加を予定している。この取り組みで35万kWhの電力使用量を削減し、約200tのCO2排出量が抑制できる。併せて3月23〜27日を拡大実施期間に位置付け、各製造拠点の構内外灯やオフィス照明の消灯を呼び掛ける。日立は今後も、環境意識向上やCO2排出量削減を推進する。【(株)日立製作所】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ