一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

26年ぶりに木材自給率が30%台に回復

【発表日】 2015.09.29 【情報源】 林野庁 【地球環境 その他(地球環境)

 林野庁は、平成26年の木材需給に関するデータを集約・整理した「木材需給表」を取りまとめ公表した。
 平成26年の木材需給表からは、近年、木質バイオマス発電施設等での利用が増加している木材チップを加え、これまで年に2回(6月、12月)に分けて公表していたものを年に1回(9月)とした。
 総需要量は7,581万4千m3(丸太換算。以下同じ。)、国内生産量は2,366万2千m3、輸入量は5,215万2千m3となった。
 木材自給率は31.2%となり、30%台に回復し、これは昭和63年以降初めてであり、26年ぶりとなった。
 なお、本年から追加した燃料用チップの数量を除くと、総需要量は7,411万8千m3となり、木材自給率は29.8%となり、木材(用材)自給率は29.6%となり、昨年から1.0ポイントの増加となった。【林野庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ