EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
日中海洋ごみ協力に係る専門家対話プラットフォーム会合... 
次の記事へ
 件数:28663件
 新着順に表示
 862-869件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.03.14  情報源 | 環境省  カテゴリ | 地球環境 >> 国際環境協力
日中海洋ごみ協力に係る専門家対話プラットフォーム会合(第1回)結果
 環境省は、日中海洋ごみ専門家対話プラットフォーム会合(第1回)を開催したと発表した。
 会合は、環境省、在中国日本国大使館、中国国家海洋局、中国外交部、および双方の大学、研究機関の専門家が出席した。

 日時:平成29年3月5日(日)9:00〜17:30
 場所:中国遼寧省大連市
 主催:中国国家海洋局海洋環境モニタリングセンター
 
 双方は、海洋ごみ問題に対する国際的な関心が高まる中で、共同してこの問題に取り組んでいくことを確認するとともに、双方の専門家による海洋ごみモニタリングおよびマイクロプラスチックの環境への影響に係る調査研究の成果を踏まえ、将来の協力活動の計画について意見交換を行った。

 今後年1回、日本又は中国で当会合を開催し、次回は2018年に日本で開催することで合意した。【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
モニタリング
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/103821.html

ページトップへ