一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「金採掘時の水銀排出と水俣条約」に関するセミナーを5月9日に開催

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2017.04.17 【情報源】環境省/2017.04.17 発表

 環境省は、水銀の使用とその課題や、世界における取組の最新動向を学ぶためのセミナー「金採掘時の水銀排出と水俣条約」を平成29年5月9日(火)に東京で開催すると発表した。

 途上国では、金鉱石から金を取り出す際に水銀が使われており水銀の最大排出源となっていることから、こうした金採掘の工程への対策が喫緊の課題となっている。一方、世界では、こうした水銀排出による環境や人の健康への影響を防止するため様々な取組が行われている。

 本セミナーでは、こうした取組への理解を深めることを目的に、金を取り出す際に水銀を使うことの課題のほか、現在、世界で取り組まれている関連の水銀対策に関する最新動向について紹介する。

 日時:平成29年5月9日(火)13:00〜17:30
 場所:虎ノ門ツインビルディングカンファレンスホール(東京都港区)
 募集人員:80名(応募者多数の場合は抽選)

 当日のプログラム、参加方法等詳細はプレスリリース参照。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース