一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

除染特別地域等における沢水等モニタリングの測定結果について(平成29年8月採取分)

【発表日】 2017.09.15 【情報源】 環境省 【水・土壌環境 水質汚濁

 環境省は、除染特別地域等において、平成24年12月より、住民が飲用する沢水等のモニタリングを実施しており、平成29年8月の測定結果を取りまとめ、公表した。

 調査対象は、福島県内の除染特別地域等のうち、要望があった8市町村(飯舘村、大熊町、葛尾村、川内村、田村市、浪江町、楢葉町、広野町)で住民が飲用する沢水等で、調査対象128箇所の沢水等を採水し、放射性物質濃度(放射性セシウム(Cs-134、Cs-137))の測定を実施した。
 
 調査箇所のうち、平成29年8月に採取を行った128検体を検査したところ、すべての検体で不検出(検出下限値:1Bq/L)であった。

 市町村ごとの測定結果については、以下に掲載している。
  http://www.env.go.jp/jishin/monitoring/results_r-mr.html

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース