EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境省、第11回日ロ渡り鳥等保護条約会議の結果概要を発表 
次の記事へ
 件数:29237件
 新着順に表示
 417-424件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.12.04  情報源 | 環境省  カテゴリ | 自然環境 >> 野生動植物
環境省、第11回日ロ渡り鳥等保護条約会議の結果概要を発表
 環境省は、第11回日ロ渡り鳥等保護条約会議が11月7日から8日にかけてロシア・モスクワで開催されたと発表した。

 各国における渡り鳥保全施策や研究成果等の情報交換、渡り鳥保全のための今後の協働のあり方、特に前回会議で日ロ間で情報交換を行うべき優先種として選定されたヘラシギ、ハマシギ、シマアオジ、カシラダカ、オオジュリン、ガンカモ類、海ワシ類等について意見交換を行い、引き続き協力を推進することを確認した。

 また、タンチョウ、ナベヅル、マナヅル、コウノトリ等のツル類シマフクロウエトピリカウミガラス等の海鳥等に関する生息状況や、鳥インフルエンザの発生状況や対策、鳥類の密猟対策等についても情報交換を行った。

 なお、次回会合は2年以内に日本において開催する予定。
 
【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
ウミガラス
エトピリカ
ガンカモ類
コウノトリ
シマフクロウ
タンチョウ
ツル類
海鳥
鳥インフルエンザ
鳥類
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/104868.html

ページトップへ