EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境省と株式会社スーパーホテルが「COOL CHOICE」の普及...
次の記事へ
 件数:29486件
 新着順に表示
 565-572件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.01.09  情報源 | 環境省  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
環境省と株式会社スーパーホテルが「COOL CHOICE」の普及啓発で連携
 環境省は、株式会社スーパーホテルとCOOL CHOICE普及啓発のため連携施策を実施する、と発表した。
 
 株式会社スーパーホテルは、公式WEBサイトにて、COOL CHOICE普及啓発のための特設ページを開設し、ホテル内のデジタルサイネージ(電子看板)や宿泊部屋にあるマグネットでCOOL CHOICEの普及啓発を開始する。
 また、ホテル内で提供する間伐材を使った紙コップ、再生紙100%のトイレットペーパー、歯ブラシパッケージにそれぞれ「COOL CHOICE」のロゴマークを掲出し、1月中旬より宿泊者に順次提供する。

 そのほか、宿泊者に対しては、Webサイトで予約を実施した宿泊者を対象に、宿泊時に発生したCO2排出量の100%を宿泊者に代わってカーボン・オフセットする「エコ泊」の利用が地球温暖化対策に貢献していることを伝え、ペーパーレスチェックインやアメニティ削減、連泊の際の清掃(シーツカバー等の交換)を行わない「エコひいき」活動の推進、また未使用の歯ブラシ返却促進といった顧客参加型の環境負荷低減のための取組を積極的に実施していく。

【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
アメニティ
カーボン・オフセット
環境負荷
間伐
再生紙
地球温暖化
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/104980.html
関連情報 |
関連リンク
「COOL CHOICE」公式サイト(環境省)

ページトップへ