一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ、連邦自然保護庁がグリホサートに関するポジションペーパーを公表

【発表日】 2018.01.31 【情報源】 ドイツ 【自然環境 生物多様性

 ドイツ連邦自然保護庁は、農薬に使用されているグリホサートによる生物多様性への深刻なリスクを指摘し、可能な限り早期にドイツにおける使用を終了することを勧めるポジションペーパーを公表した。これは、連邦議会や連邦参議院における審議に向けたものであり、今後、農薬の有効成分の検査と認可において生物多様性への非直接的な影響をより考慮し、それらを検査や決定の全ての段階で対象とすることを求めている。また、グリホサートが含まれている農薬の使用を迅速に終了するために、利用を制限するための法的措置や対象農薬の放棄などを進める経済的手法の導入、生態的な相殺措置をとっていない農家に対する使用禁止、Natura2000地域や国立公園自然保護区、生物圏保護区といった保護地域における使用禁止といった対策の導入を提言している。【ドイツ連邦自然保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース