EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
花王、生物多様性保全の海外調査への参加機会を教員に提... 
次の記事へ
 件数:29899件
 新着順に表示
 788-795件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.02.27  情報源 | 企業  カテゴリ | 自然環境 >> 生物多様性
花王、生物多様性保全の海外調査への参加機会を教員に提供するプログラムを実施
 花王は、生物多様性保全に向けた海外の野外調査研究への参加機会を教員に提供するプログラム「花王・教員フェローシップ」を今夏も実施する。対象は小・中学校の教員だ。夏休み期間中の8月に7〜12日間、世界各地のプロジェクトの現場にボランティアで加わる。参加者には体験や感動を学校、地域の環境教育で生かしてもらう。

 「スコットランドのハイランド地方をオオカミとクマに返せるか」(英国)、「アラスカのラッコと海草」(米国)、「南アフリカの絶滅危惧種サイの保護」(南アフリカ)、「モンタナ州の気候変動がハックルベリーとハイイログマに与える影響」(米国)、「バハマでウミガメを追跡」(バハマ)の5つの野外調査プロジェクトとなる。

 それぞれのプロジェクトで2人ずつ計10人を募集する。調査期間中の食費、宿泊代、移動費を含む研究分担金約30万円と、渡航費、装備品費など自由な使い道の補助10万円を支援する。3月1日〜4月10日に応募を受け付け、5月上旬に選考委員会で参加者を決める。8月に各プロジェクトに加わった後、10月下旬に報告会を東京で開催する。

 2017年夏に参加した東京都の中学教員は「地球上で起こるさまざまな現象を体験や観察を通してより深く理解し、地球の素晴らしさを伝えていきたいと思うようになった」と感想を寄せた。花王・教員フェローシップは、花王が推進する社会貢献の一環で2004年に始めた。これまでに世界各地の延べ75のプロジェクトに148人が参加した。

【花王株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
ウミガメ
気候変動
生物多様性
絶滅危惧種
プレスリリース |
http://www.kao.com/jp/corporate/news/2018/20180227-001/

ページトップへ