一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

福島県いわき市、使用済み携帯・スマホ回収 リサイクル金属で五輪メダル

ごみ・リサイクル リサイクル】 【掲載日】2018.05.17 【情報源】地方自治体/2018.03.16 発表

 いわき市は、使用済み携帯電話とスマートフォンの回収を始めた。市役所と12の支所に設置した専用回収ボックスに入れてもらう。市は、市民に持ち込みを呼びかけている。
 全国各地から集めた使用済み小型家電から取り出した金属をリサイクルし、2020年東京五輪・パラリンピックで使用するメダル約5000個を製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に、同市も参加する。
 回収ボックスは、市役所本庁舎1階市民ロビーのほか、小名浜、勿来、常磐、内郷、四倉、遠野、小川、好間、三和、田人、川前、久之浜・大久の各支所に設置。各施設の開庁時(午前8時半〜午後5時15分)に利用できる。土日祝日と年末年始(12月29日〜1月3日)は利用できない。設置期間は来年春ごろまでの予定。
 回収する携帯電話とスマホは、回収ボックスの投入口(縦4cm、横10cm)に入る大きさのもの。回収後は国の認定を受けた事業者が処理する。市は個人情報などのデータを消去してから回収ボックスに入れるよう呼びかけている。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース