EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
(仮称)寿都町風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に... 
次の記事へ
 件数:29497件
 新着順に表示
 37-44件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.07.06  情報源 | 環境省  カテゴリ | 環境一般 >> 環境アセスメント
(仮称)寿都町風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出
 環境省は、北海道で計画されている「(仮称)寿都町風力発電事業計画段階環境配慮書」(寿都町)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

 この事業は、北海道寿都郡寿都町及び黒松内町において、最大で総出力49,000kWの風力発電所を設置するものである。

 環境大臣意見では、
 (1) 工事計画の検討に当たっては、既設の風力発電設備等の全部又は一部の撤去工事の実施に伴う騒音等の影響に関する調査、予測及び評価並びに環境保全措置の検討を適切に実施すること。これらを行わない場合には、方法書において、その合理的な理由を検討経緯も含めて適切に記載すること、
 (2) 風力発電設備等を住居等から離隔すること等により、騒音及び風車の影による生活環境への影響を回避又は極力低減すること、
 (3) バードストライクへの影響等の確認を含む適切な調査、予測及び評価を行い、その結果を踏まえ、適切な環境保全措置を講ずることにより、鳥類への影響を回避又は極力低減すること
 等を求めている。

【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
バードストライク
騒音
鳥類
風力発電
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/105675.html

ページトップへ