EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ 植物園における絶滅危惧種の保護活動を支援   
次の記事へ
 件数:11377件
 新着順に表示
 198-205件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.10.02  情報源 |  カテゴリ | 自然環境 >> 生物多様性
ドイツ 植物園における絶滅危惧種の保護活動を支援
 ドイツ連邦環境省は、ドイツ国内に生息する植物のうち92種の絶滅危惧種の保護を目的にしたプロジェクト「ドイツ野生植物保護II(WIPs-De II)」に対し、今後5年間で約420万ユーロ拠出することを公表した。これは、レーゲンスブルク、オズナブリュック、ベルリン、ポツダム、マインツにある植物園が共同で実施するプロジェクトであり、ドイツ国内に生息する植物の種が収集され、各地の種子銀行において貯蔵される。さらに5つの植物園において、保護と増殖が進められ、自然環境における生存を強化する。このプロジェクトは、2013年から2018年にかけて実施されたプロジェクト「ドイツ野生植物保護」に続くもの。これまで、アニカやミヤマアケボノソウ、オルキス・マヤリスなど15種の絶滅危惧種を保護してきたが、WIPs-De IIでは、対象の種の数が92種にまで拡大する。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
種の絶滅
プレスリリース |
https://www.bmu.de/pressemitteilung/besserer-schutz-fuer-gefaehrdete-wildpflanzen/

ページトップへ