一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

持続可能性のための金融センター、上海にアジア太平洋センターを立ち上げ

【発表日】 2018.10.19 【情報源】 国連 【地球環境 地球温暖化

 国連環境計画(UNEP)と世界の主要金融センターのネットワークである「持続可能性のための金融センター(FC4S)」は、気候対策と持続可能な開発のための資金規模拡大に向けた重要なステップとして、アジア太平洋地域の新たな拠点を上海に立ち上げた。新拠点が置かれた上海の陸家嘴は、多くの金融機関と資本、人材が集まる国際金融センターである。陸家嘴はFC4Sに参加するとともに、環境に配慮した国内外の環境プロジェクトや資金に関するオンラインの情報交換の場として、地域初のグリーン金融総合発展プラットフォームの開設も発表した。
 「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は2018年10月に発表した最新の報告書で、地球の気温上昇を1.5℃に抑えるには大規模な追加投資が必要だと指摘した。UNEPは、世界の金融センターを動員することは、IPCCが示したシステムの転換にきわめて重要だとしている。【国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース