一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

阿寒摩周国立公園「オンネトー湯の滝」の外来魚の根絶を確認

【発表日】 2019.01.22 【情報源】 環境省 【自然環境 自然公園

 環境省は、平成11年度以降駆除対策に取り組んできた、阿寒摩周国立公園特別保護地区内の国指定天然記念物「オンネトー湯の滝」に定着した外来魚(ナイルティラピア及びグッピー)の「根絶」が有識者等により確認されたことを発表した。
 野外に定着したナイルティラピア及びグッピーを駆除により根絶させた事例は全国で初めて。

 <オンネトー湯の滝における外来魚根絶の判断基準>
 第1段階:生息調査の結果として、3回連続で確認数・捕獲数が0匹であること
 第2段階:第1段階達成の翌年にも再確認・捕獲がないこと

 ナイルティラピア、グッピーともに平成29年度末までに第1段階を達成。
 また、平成30年10月までの調査結果において、再確認・捕獲はなかった。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース