一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

外国政府による廃棄物の輸入規制等に係る影響等に関する調査結果を公表

【発表日】 2019.05.20 【情報源】 環境省 【ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)

 環境省は、平成31年3月に、都道府県等及び産業廃棄物処理事業者に対して、廃棄物の輸入規制等に係る影響等についてアンケート調査を行った。
 その結果の概要は以下となった。
 ・外国政府の輸入規制等の影響による廃プラスチック類不法投棄は、平成31年2月末時点では、都道府県及び政令市においては確認されていない。
 ・一部地域において上限超過等の保管基準違反が増加し、一部は改善命令の発出に至っていること、処理業者において保管量の増加もみられることなどから、引き続き、廃プラスチック類適正処理に支障が生じたり、不適正処理事案が発生する懸念がある状況が継続している。
 
 環境省は、引き続き廃プラスチック類の処理のひっ迫状況や不法投棄等に関する実態把握及び自治体を含めた情報共有を進めていく一方で、プラスチックの資源循環の促進、プラスチック類のリサイクル施設等の処理施設の速やかな整備等を進めていく。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース