一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

札幌市、災害時にEVなどで電力供給 自動車15社と協定を締結

【発表日】 2019.10.01 【情報源】 地方自治体 【環境一般 まちづくり

 札幌市は、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、三菱自動車などと災害時に電気自動車(EV)などを活用して電力供給を行う協定を結んだ。災害などで大規模停電が発生した際、市指定の避難所などに系列の自動車販売店からEVなどを貸し出し、非常用電源として活用する。
 市は、自動車メーカー4社と、市内の系列自動車販売会社11社の計15社と協定を結んだ。各社は災害などで停電した場合、試乗用のEVや燃料電池車(FCV)、プラグインハイブリッド車(PHV)を避難所などに貸し出す。車両は市内全10区に2台ずつ、計20台を貸し出す予定。照明や携帯電話の充電、テレビ、電話、パソコンなどの電源としての使用を想定している。
 市は昨年9月の北海道胆振東部地震での全域停電(ブラックアウト)の際、市内在住者や観光客約2000人に、公用車のFCVを活用し、携帯電話の充電サービスを実施した。こうした経験を踏まえ、自動車会社の協力を得て、災害時の電源確保に努める。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース