一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

トヨタ、BYDと電気自動車の研究開発会社を合弁で設立することに合意

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2019.11.28 【情報源】企業/2019.11.07 発表

 トヨタ自動車株式会社は、比亜迪股份有限公司(以下、BYD)と、電気自動車の研究開発会社設立に向けた合弁契約を締結したと発表した。

 新会社は2020年中に中国国内での設立を目指しており、BYDとトヨタがそれぞれ50%ずつ出資する。
 事業内容は、電気自動車及びそのプラットフォーム、関連部品の設計・開発などで、両社のこれら業務に関わる人員が新会社に移管される予定。

 BYDは、1995年に電池事業で創業し、現在は電動車だけでなく大型蓄電池を含めたトータルエネルギーソリューションを提供する会社。
 2008年には世界で初めてプラグインハイブリッド車(PHV)の販売を開始し、2015年以降は、EVとPHVを合わせた販売実績は4年連続世界トップ。

【トヨタ自動車株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース