一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

佐川急便 エコユニフォームでペットボトル約1,000万本を再利用

【発表日】 2019.12.25 【情報源】 企業 【ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)

 佐川急便株式会社とミズノ株式会社は、2007年から2018年までに製造した佐川急便の約213万着のエコユニフォームで約1,000万本のペットボトルを再利用したと発表した。
 佐川急便は環境負荷の少ない製品を選択する「グリーン購入」を進めており、軍手からオフィス用品にいたるまでさまざまなエコ関連商品の購入を促進している。
 ドライバーが着用するユニフォームは、原料にペットボトルリサイクルした再生ポリエステルを使用したエコマーク認定商品を採用しており、半袖で6本、長袖で8本の500mlペットボトルを再利用している。
 同社は、2007年に創業50周年を迎えたことを機に現在のユニフォームへとデザインを刷新し、新デザインのユニフォーム製造(2007年〜2018年)に500mlペットボトル約1,000万本を再利用した。

【佐川急便株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース