一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

熱導管等廃棄物の処理により生じた熱を利活用するための設備等を導入する事業の公募を開始

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2020.05.13 【情報源】環境省/2020.05.12 発表

 環境省は、令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金による廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業」の公募を委託先である一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会が行うと発表した。

 この事業は、廃棄物処理施設において、高効率な廃熱利用と大幅な省エネが可能な設備の導入により得られるエネルギーを有効活用することで、エネルギー起源のCO2の排出抑制を図りつつ、当該施設を中心とした自立・分散型の「地域エネルギーセンター」の整備を進めると共に、廃棄物処理施設で生じた電力や熱を地域で利活用することによる脱炭素化や、災害時のレジリエンス強化等にも資する取組を行う事業に要する経費の一部を補助するもの。
 
 対象となる事業は以下のとおり。
 
 ・熱導管等廃棄物の処理により生じた熱を利活用するための設備又はこれらの設備を運転制御するために必要な通信・制御設備等を導入する事業
 ・補助対象者は地方公共団体及び民間企業等その他団体
 ・補助率は対象経費の1/2
 
 公募期間:令和2年5月11日(月)から同年5月29日(金)

 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース