EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
沖縄県立宮古農林高の研究がストックホルム青少年水大賞受賞
次の記事へ
 件数:30201件
 新着順に表示
 24541-24548件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2004.08.30  情報源 | 農林水産省  カテゴリ | 環境学習 >> こどもの環境学習
沖縄県立宮古農林高の研究がストックホルム青少年水大賞受賞
 沖縄県立宮古農林高等学校環境工学科環境班による研究「宮古の水を守れ〜土壌蓄積リンで環境に優しい有機肥料作り〜」が「水のノーベル賞」のジュニア版「ストックホルム青少年水大賞」の第8回大賞が授与されたことを受け、同校環境工学科環境班メンバーの川平勉くん、山口香さん、砂川大輔くんや指導教諭の前里和洋氏、校長の下地恵吉氏らが2004年8月31日に農林水産大臣を訪問することになった。
 宮古農林高等学校環境工学科環境班のこの研究は化学肥料のリン酸分と土壌中のカルシウムがくっついてできた難溶性リンが土壌中に蓄積していることに注目し、難溶性リン微生物により分離し作物に吸収させやすくすることで化学肥料の使用量を抑制し、地下水を保全することをめざしたもの。
 2004年6月に行われた「日本水大賞」表彰式で青少年研究活動賞を受賞し、ストックホルム青少年水大賞コンテストに日本代表として参加していた。【農林水産省】
 
記事に含まれる環境用語 |
リン
地下水
日本水大賞
微生物
プレスリリース |
http://www.maff.go.jp/www/press/cont2/20040830press_5.htm
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
第6回「日本水大賞」が決定 大賞は宮古農林高校の宮古島地下水保全活動 (EICネット 国内ニュース)
関連リンク
日本河川協会 日本水大賞のページ
日本河川協会 日本水大賞のページ ストックホルム青少年水大賞 大賞(グランプリ)を受賞!!
(社)沖縄建設弘済会技術環境研究所「しまたてぃ」27号 宮古島における地下水保全の取り組み 前里和洋
沖縄県立宮古農林高校

ページトップへ