EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
フランス 4月1〜7日は持続可能な開発週間      
次の記事へ
 件数:10092件
 新着順に表示
 3900-3907件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.05.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 地球温暖化などの気候変動対策は、グローバルな問題として国際社会または国全体レベルで進められていますが、基礎自治体や地域コミュニティレベルにおいても環境負荷軽減の取り組みは不可欠であります。また、東日本大震災を教訓に、地域においても通常時、緊急時を問わず確保できる「自立・分散型エネルギーの導入」などによる災害に強い地域づくりが求められています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.01.06  情報源 | フランス  カテゴリ | 環境行政 >> その他(環境行政)
フランス 4月1〜7日は持続可能な開発週間
 フランスで4月1日〜7日に開催される「持続可能な開発週間」に参加するよう、エコロジー・エネルギー・持続可能な開発国土整備省のボルロー大臣は、企業、地方自治体、各種団体などに呼びかけた。2009年のテーマは「持続可能な消費」。
 持続可能な開発週間は、市民に、一人ひとりが持続可能な開発のための重要なアクターであり、自らの行動で持続可能な開発を実現することができることを認識してもらうもの。市民に対して、持続可能な開発に役立つ日常生活での行動を呼びかけ、具体的な行動手法を示すことを目指す。
 ボルロー大臣は、「環境グルネルから1年を経て、経済的に厳しい状況に直面している今、新たなグリーン成長モデルが必要となっている。環境的・社会的な課題に対応するため、私たちは行動を起こし、別の形の消費を目指さなければならない」としている。
 オールターナティブな消費行動で節約し、持続可能な開発に向けて行動するための取り組み例は次のとおり。
・旬の野菜や果物を優先的に選ぶ
・詰め替え可能な製品に代える
・省エネ電球を使う
・ゆっくりと運転する、または公共交通機関を優先的に選ぶ
・エコラベル商品を選ぶ
 2008年は、持続可能な開発週間プログラムに2700件のイベントが登録された。2009年は、より多くのイベントの登録が期待されている。
【フランス エコロジー・エネルギー・持続可能な開発国土整備省】
記事に含まれる環境用語 |
エコロジー
持続可能な開発
プレスリリース |
http://www.developpement-durable.gouv.fr/article.php3?id_article=4100
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
フランス 第6回持続可能な開発週間が大成功(海外ニュース)
関連リンク
詳細について

ページトップへ