EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
フランス ゼロ金利エコ融資で初案件        
次の記事へ
 件数:10206件
 新着順に表示
 3831-3838件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.04.16  情報源 | フランス  カテゴリ | エネルギー >> 省エネルギー
フランス ゼロ金利エコ融資で初案件
 フランスのボルロー大臣は、パリ郊外のジフ・スュ−ル・イヴェットにある、バンク・ポプュレールにおいて、最初のゼロ金利エコ融資案件の調印に立ち会った。
 ゼロパーセント・エコ融資は、環境グルネル(環境懇談会)のモデル的な対策の一つで、実施段階に入った。2月26日には、ボルロー大臣とジュアーノ閣外大臣(エコロジー担当)は、各銀行と、その実施方法を定める協定書に調印している。
 この制度の下、10年間(銀行により15年まで延長可能)にわたって、住宅のエネルギー効率化工事に3万ユーロまでの融資を受けることが可能。すべての個人が(共同住宅、賃貸住居を含む)、主な住宅での事業について、ゼロ金利エコ融資の恩恵を受けることができる。
 ゼロパーセント・エコ融資は、既存の「持続可能な開発」税制優遇措置のような、建物の改修を奨励する財政措置を補完するもの。この新たな融資制度の実施に併せて、TV・ラジオ・新聞・ウェブバナーによる情報キャンペーンも展開されている。
 ボルロー大臣は、「これは環境グルネルの建物計画のカギとなる措置であり、CO2排出量を大きく削減する力強い舵となる。さらに、この措置は、すべての人にとって、シンプルでポピュラーな、分かりやすい、受け入れやすい対策である。各人が、エネルギー代を直ちに節約できるようになる」と述べた。【フランス エコロジー・エネルギー・持続可能な開発国土整備省】
記事に含まれる環境用語 |
エコロジー
持続可能な開発
プレスリリース |
http://www.developpement-durable.gouv.fr/article.php3?id_article=4761
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
フランス 住宅のエネルギー効率化に金利ゼロで融資(海外ニュース)
フランス 全国再生可能エネルギー開発計画を公表(海外ニュース)

ページトップへ