EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカエネルギー省、既存の非発電ダムの活用による水... 
次の記事へ
 件数:11379件
 新着順に表示
 3285-3292件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2012.04.17  情報源 | アメリカ  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
アメリカエネルギー省、既存の非発電ダムの活用による水力発電増強の可能性を発表
 アメリカエネルギー省(DOE)は、2012年4月17日、再生可能エネルギー資源に関する評価書「米国の非発電ダムに関する潜在的エネルギー量の評価」を公表し、国内の、発電設備のないダムを発電用に転換する可能性について報告した。それによると、発電用ダムを新設せずに既存の非発電ダムを全面的に活用する場合、現在の国内水力発電量の約15%に当たる12ギガワット以上の発電が可能になり、400万世帯以上に電力を供給できるという。この報告書は、発電ダム化することのできる5万4000以上のダムを分析。潜在的な水力発電資源量の多い上位10カ所だけで約3ギガワット、上位100カ所では8ギガワットを発電できるとする。また既存の施設を転換することで、重要な生物種やその生息地、公園等に及ぶ影響は最小限にとどまるという。オバマ政権は「2035年までにクリーンなエネルギー源で国内電力の80%をまかなう」ことを目標に掲げている。エネルギー省では、今回の評価結果は、この2035年への目標に沿ってエネルギー・ポートフォリオを多様化する方法の1つを示すものだとしている。【アメリカエネルギー省】
記事に含まれる環境用語 |
ダム
再生可能エネルギー
評価書
プレスリリース |
http://energy.gov/articles/energy-department-report-finds-major-potential-increase-clean-hydroelectric-power

ページトップへ