EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
スウェーデン環境・エネルギー省、バルト海地域は化粧品... 
次の記事へ
 件数:10561件
 新着順に表示
 126-133件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.03.06  情報源 | スウェーデン  カテゴリ | 地球環境 >> 海洋汚染
スウェーデン環境・エネルギー省、バルト海地域は化粧品でのマイクロプラスチック使用を禁じる必要があると指摘
 スウェーデン環境・エネルギー省は、バルト海地域の国や自治体が化粧品におけるマイクロプラスチック使用を禁じる必要があるとし、スウェーデンは率先してその実現に努めていることを報告した。バルト海には化粧品に含まれるマイクロプラスチックが推定で毎年約40トン流入し、海洋生物に物理的および毒物学的な悪影響を及ぼしているという。2017年3月6日からストックホルムで開催されているバルト海未来会議では、マイクロプラスチックの問題を含むバルト海地域の持続可能な開発について、自治体の取り組みの重要性に焦点を当てて協議している。例えば、スウェーデンのヨーテボリ市は既にマイクロプラスチックを含む製品の調達を禁じることを決定しているという。またその前の週に開催されたヘルシンキ条約(HELCOM)締約国会議では、スウェーデンは化粧品中のマイクロプラスチック使用を禁じる共通のイニシアティブを提案。複数の締約国が関心を示したという。カロリーナ・スコーグ環境相は、「化粧品中のマイクロプラスチックはまったく不要なもので、代替物質が利用できる。バルト海地域の国や自治体が協力することで、世界にリーダーシップを示すことができる」としている。【スウェーデン環境・エネルギー省】
記事に含まれる環境用語 |
持続可能な開発
プレスリリース |
http://www.government.se/press-releases/2017/03/minister-for-the-environment-the-baltic-sea-region-should-take-the-lead-and-ban-microplastics-in-cosmetics/

ページトップへ