EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
スウェーデン、低排出車両の購入を促進するボーナス・マ... 
次の記事へ
 件数:10553件
 新着順に表示
 46-53件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.05.02  情報源 | スウェーデン  カテゴリ | 大気環境 >> 大気汚染
スウェーデン、低排出車両の購入を促進するボーナス・マルス制度を国内で提案
 スウェーデン政府は、CO2排出量の低い環境に優しい車両購入には報奨金を提供し、CO2排出量の高い車両に対する税を引き上げるボーナス・マルス制度の国内での導入を提案した。同国では全CO2排出の3分の1を輸送部門が占めており、政府は輸送部門の排出を2030年までに2010年比で70%削減するという目標をすでに提案している。今回のボーナス・マルス制度は、環境に優しい車両の比率を高め、車両で化石燃料を使用しないという目標達成を促進するもの。対象となる車両は、自動車、バン、小型バスで、CO2排出量がゼロの車両には最大額の4万5000スウェーデンクローナ(SEK、約57万6000円)、CO2排出量が60グラム以下の車両には最低額の7500SEK(約9万6000円)の報奨金が与えられる。ガス車両には最低でも7500SEKが適用される。一方、ガソリンまたはディーゼル駆動の小型車両は購入後3年間税を引き上げる。オートバイに対する税は課税年度あたり現在の180SEK(約2300円)から360SEK(約4600円)に倍増することが提案されている。【スウェーデン環境・エネルギー省】
記事に含まれる環境用語 |
化石燃料
プレスリリース |
http://www.government.se/press-releases/2017/03/bonusmalus-system-for-new-vehicles/

ページトップへ