EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ 2017年の温室効果ガス排出量報告書を欧州委員会... 
次の記事へ
 件数:11339件
 新着順に表示
 16-23件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.01.29  情報源 | ドイツ  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
ドイツ 2017年の温室効果ガス排出量報告書を欧州委員会に提出、前年比で0.5%減
 ドイツ連邦環境庁は、2017年の温室効果ガス排出量報告書を欧州委員会に提出した。これによると、ドイツ国内の2017年の温室効果ガス排出量は9億660万トンとなり、前年比で約440万トンの減少(0.5%減)となった。交通部門では、1億6800万トンであったが、この大部分(96%以上)が道路輸送を要因としているという。エネルギー部門は大幅に減り、1950万トンを削減した。これは、特に風力発電の増加により石炭の使用が削減したこと、さらに複数の発電施設が操業を停止したことが減少の要因として挙げられている。農業部門における温室効果ガスの排出量も無機質肥料の使用量削減により、若干減少した。一方で、産業プロセスの部門では、金属・セメント産業の好調な発展を背景に、前年比で2.5%増加した。【ドイツ連邦環境庁】
記事に含まれる環境用語 |
温室効果ガス
風力発電
プレスリリース |
https://www.umweltbundesamt.de/presse/pressemitteilungen/treibhausgasemissionen-2017-leicht-gesunken

ページトップへ