一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁、ニューイングランド地方の湿地保全プログラムに助成金を拠出

【発表日】 2019.04.23 【情報源】 アメリカ 【自然環境 その他(自然環境)

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、ニューイングランド地方の6州(コネティカット州、メイン州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、ロードアイランド州、バーモント州)の湿地保全プログラムの策定に、2年間で266万6000ドルの助成金を拠出すると発表した。EPAの湿地保全プログラムは、湿地の保全や回復、状態の改善によってアメリカの湿地の量と質の向上を目指すもので、このためにEPAではあらゆる政府レベルで効果的かつ包括的なプログラムを策定できるよう支援する。助成金を申請できるのは、州、部族、地方自治体の機関、及び州際もしくは部族間の機関である。申請者が州際機関、部族間の協同体、もしくは州政府の機関として指定された大学の場合、プロジェクトの期間中、どのように連携を実施するのか、また継続していくのかを示す必要がある。申請の締め切りは2019年5月24日。EPAでは申請候補者に対し、2019年5月7日の10時〜11時、及び5月21日の13時〜14時に説明会を行う。【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース