EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
生活炭素基金、セネガルのマングローブ林再生プロジェク... 
次の記事へ
 件数:11453件
 新着順に表示
 12-19件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.04.23  情報源 | 国際機関  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
生活炭素基金、セネガルのマングローブ林再生プロジェクトは10年で大きな成果と発表
 ラムサール条約は、セネガルで2009年に始まった世界最大規模のマングローブ林再生プロジェクトが、10年間に環境と社会の両面で多大な成果を上げたと発表した。地元NGOの主導で始まったプロジェクトは、企業や地域住民、企業、公共部門、NGOが参加する新たな取組(生活炭素基金、LCF)に発展し、マングローブ林の生態系に頼る地元住民の生活の持続的改善と、LCFに資金を提供する参加企業10社のCO2排出のオフセットを目的に続けられた。ラムサール条約国際自然保護連合(IUCN)などもパートナーとして参加している。プロジェクトで植えたマングローブ林の炭素貯蔵は、20年のプロジェクト期間で予想されていた60万トン(CO2)のうち16万トン以上をすでに達成した。生物多様性の増加とともに魚や牡蠣、エビなどの漁獲量も年間4200トン以上増加し、住民の食料の安定確保と収入増につながっている。報告ではこの他に、塩水の浸入を防ぐマングローブによって稲の収穫が可能になったこと、地域の結束が強まったことなども指摘している。【ラムサール条約
記事に含まれる環境用語 |
マングローブ
マングローブ林
ラムサール条約
国際自然保護連合
生態系
生物多様性
プレスリリース |
https://www.ramsar.org/news/the-social-environmental-impacts-of-the-livelihoods-carbon-funds-largest-mangrove-restoration
関連情報 |
関連リンク
生活炭素基金のニュース

ページトップへ