一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

生活炭素基金、セネガルのマングローブ林再生プロジェクトは10年で大きな成果と発表

【発表日】 2019.04.23 【情報源】 国際機関 【自然環境 その他(自然環境)

 ラムサール条約は、セネガルで2009年に始まった世界最大規模のマングローブ林再生プロジェクトが、10年間に環境と社会の両面で多大な成果を上げたと発表した。地元NGOの主導で始まったプロジェクトは、企業や地域住民、企業、公共部門、NGOが参加する新たな取組(生活炭素基金、LCF)に発展し、マングローブ林の生態系に頼る地元住民の生活の持続的改善と、LCFに資金を提供する参加企業10社のCO2排出のオフセットを目的に続けられた。ラムサール条約国際自然保護連合(IUCN)などもパートナーとして参加している。プロジェクトで植えたマングローブ林の炭素貯蔵は、20年のプロジェクト期間で予想されていた60万トン(CO2)のうち16万トン以上をすでに達成した。生物多様性の増加とともに魚や牡蠣、エビなどの漁獲量も年間4200トン以上増加し、住民の食料の安定確保と収入増につながっている。報告ではこの他に、塩水の浸入を防ぐマングローブによって稲の収穫が可能になったこと、地域の結束が強まったことなども指摘している。【ラムサール条約

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク