一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカエネルギー省、ベター・ビルディング・イニシアティブにより110億ドルのエネルギーコストを削減と報告

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2020.06.29 【情報源】アメリカ/2020.06.09 発表

 アメリカエネルギー省(DOE)は、建物のエネルギー効率向上を目指す「ベター・ビルディング・イニシアティブ」の2020年版進捗報告書を公表し、イニシアティブ開始以降ほぼ110億ドルのエネルギーコストを削減したことを報告した。アメリカの2700万世帯が1年間に消費する電力に相当する約1800兆英国熱量単位(BTU)の省エネが実現したという。同イニシアティブには官民の950超の機関が参加しており、アメリカのフォーチュン100のうち32社、優良雇用者上位25社のうち12社など市場のリーダーたちが含まれ、同国の革新的技術の推進、製造業の競争力強化、労働力支援に寄与するとともに、成功例の共有に努めている。報告書は同イニシアティブによる各種プログラムについて省エネ、節水、融資などの実績を報告し、目標を達成した参加者名などを公表した。またDOEのエネルギー効率・再生可能エネルギー局(EERE)による4つの新規の取組も合わせて発表された。【アメリカエネルギー省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース