EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
18年版環境白書、特集テーマは「人口減少と環境」、「... 
次の記事へ
 件数:30359件
 新着順に表示
 21007-21014件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2006.05.30  情報源 | 環境省  カテゴリ | 環境行政 >> 環境白書
18年版環境白書、特集テーマは「人口減少と環境」、「水俣病の50年」
 平成18年版環境白書の内容が18年5月30日開催の閣議で閣議決定された。環境白書の前身である公害白書から数えると18年版は38冊目にあたる。
 今回の白書は「人口減少と環境」、「環境問題の原点 水俣病の50年」の2つが総説のテーマとして取り上げられた。
 このうち「人口減少と環境」特集では、17年以降、人口の減少が長期的に見込まれている日本で、人口減少に伴う過疎化、都市拡散などの現象が環境にどのような影響を与えるかを明らかにするとともに、人口減少に対応した持続可能な社会の実現に向けた取組み事例などを示している。
 一方、「環境問題の原点 水俣病の50年」特集では、公式確認後50年を迎える水俣病の発生と拡大の経緯、被害救済の現状を改めて紹介するとともに、今後の対策として、地域福祉との連携が重要であるとの展望を述べている。
 18年版白書は環境省ホームページに掲載予定であるほか、18年5月31日から全国の書店で発行予定(定価:1,500円(税込))。
 なお、環境省は18年6月12日の午後(10時〜12時、13時〜15時、15時30分〜17時30分の3回)、東京・渋谷区の環境パートナーシップオフィス会議室で「環境白書循環型社会白書を読む会」をグリーン購入ネットワークとの共催により開催するほか、全国9カ所で「環境白書を読む会」を開催。執筆担当者自身が白書のテーマやねらいなどを解説する予定だ。【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
グリーン購入
環境白書
公害
循環型社会
水俣病
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7162
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
小泉首相、水俣病公式確認50年にあたっての談話を発表 (EICネット 国内ニュース)
都市計画法などの改正案が閣議決定 大規模集客施設や病院の立地に都市計画上の制限を導入  (EICネット 国内ニュース)
「私が考える、自然資本 百年の国づくり提案」を募集へ (EICネット 国内ニュース)
17年版環境白書、特集テーマは脱温暖化 (EICネット 国内ニュース)
関連リンク
環境省 白書のページ

ページトップへ