一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

化学物質の環境リスク考える小冊子シリーズ 「殺虫剤と化学物質」編を作成

【発表日】 2007.08.30 【情報源】 環境省 【健康・化学物質 有害物質/PRTR

 環境省は、身近な場所から排出される化学物質の環境リスクや、その低減に向けての取組みを考えるための小冊子シリーズ「かんたん化学物質ガイド」の第4弾として、「殺虫剤と化学物質」編を作成し、平成19年8月30日から配布を始めた。
 この小冊子はA5版約28ページで、2人の子どもが博士に4つの疑問を質問する形で(1)殺虫剤が使われる理由と殺虫剤に使用されている物質、(2)殺虫剤の使用量と環境への排出量、(3)洗剤による人体や動植物への影響、(4)環境リスクを低減する殺虫剤の上手な使い方−−などの内容を紹介している。
 冊子版希望者は希望部数に応じた金額の切手を貼ったA5版の冊子の入る封筒宛名面に、送付先住所と名前、「かんたん化学物質ガイド〜殺虫剤と化学物質〜○○部希望」、「冊子小包」と記入し、封筒右端に1〜2センチの切り込みを入れた上で、普通サイズの封筒に折って入れ、環境省環境保健部環境安全課リスクコミュニケーション担当(〒100−8975東京都千代田区霞ヶ関1−2−2)まで郵送で申し込むことが必要。
 なお、環境省のリスクコミュニケーションのウエッブページ内から電子化された情報(PDF版)もダウンロードできる。
 環境省は今後もひきつづき、このシリーズの小冊子を作成するほか、冊子の内容をインターネット上で楽しみながら学べる「かんたん化学物質ガイド」e−ラーニング版も順次作成・公表していく予定。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク