一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

国立環境研究所と東京大学生産技術研究所、世界の平均気温の上昇を1.5℃に抑えたときと2.0℃に抑えたときの影響比較を発表

【発表日】 2019.04.02 【情報源】 国立環境研究所 【地球環境 地球温暖化

 国立環境研究所と東京大学生産技術研究所の金 炯俊 特任准教授らの研究グループは、地球温暖化による世界の平均気温上昇を1.5℃に抑えることによって、2.0℃上昇の場合と比較して、洪水と渇水が続いて発生するような災害のリスクを大幅に減らすことができるとする研究結果を発表した。

 この研究では、湿潤・乾燥間の変動の激しさを表す「水文気候的強度」という指標を定義し、1.5℃および2.0℃上昇シナリオの下で評価した。
 その結果、1.5℃から2.0℃へと温暖化が進むことにより、世界の多くの地域で変動が激しくなることが予測された。
 これは、気温上昇を1.5℃に抑えることで、洪水と渇水が続いて発生するような災害リスクを大幅に減らすことができることを示唆している。

 詳細はプレスリリース参照。

【国立環境研究所】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース