一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

気象庁 全球の海洋による二酸化炭吸収量 情報提供開始!

【発表日】 2013.11.06 【情報源】 気象庁 【地球環境 地球温暖化

 気象庁は、平成25年11月6日、全球の海洋による二酸化炭素吸収量に関して、国内で初めて定期的な情報提供を開始すると発表。
 提供する情報は、海洋気象観測船(凌風丸及び啓風丸)の観測結果とともに、国際的な海洋観測網で得られたデータをもとに解析した全球の海洋による二酸化炭素の吸収量。気象庁の解析では、海洋による二酸化炭素の吸収量は、1990〜2011年の平均で1年あたり19億トン炭素(二酸化炭素吸収量を炭素の重量に換算した値)で、近年増加傾向にあることが分かっている。
 なお、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書では、現在、海洋は産業活動により排出された二酸化炭素の約3割に相当する量を吸収する、重要な吸収源となっており、海洋酸性化を引き起こしていることが示されました。このまま大気中への二酸化炭素の排出量が増加し続ければ、海洋が二酸化炭素を吸収する能力が低下し、地球温暖化の進行が加速されることが懸念されている。【気象庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

地球温暖化と海洋酸性化が日本近海のサンゴ分布に及ぼす影響の予測に初めて成功!(国内ニュース)

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データによる二酸化炭素吸収排出量等の推定結果公開(国内ニュース)

気象庁 海洋酸性化に関する情報の提供開始!(国内ニュース)

世界初! 全球の二酸化炭素収支の推定誤差 大幅低減に成功(国内ニュース)

関連リンク