EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
C2ES、都市が電気車両を導入する便益を報告      
次の記事へ
 件数:968件
 カテゴリ「大気環境」
 
 1-8件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.11.03  情報源 |  カテゴリ | 大気環境 >> 交通問題
C2ES、都市が電気車両を導入する便益を報告
 気候エネルギーソリューションセンター(C2ES)は、都市が電気車両の導入を加速することの便益を示す報告書を公表した。電気車両への移行には、大気質の改善、温室効果ガス排出削減、都市および低所得地域のコスト削減の3つの効果があるという。多くの低所得地域は主要道路に近く排気ガスによる健康被害を受けやすいことから、電気車両への移行がもたらす効果が大きいことを重視する必要がある。報告書は、電気車両への移行では、維持費等を含む車両所有の総コスト、および癌や喘息のリスクなど排気ガスに関連する健康被害のコストを考慮して便益を評価する必要があるとしている。電気車両の導入と利用を促進するため、ゼロ排出の全電気バスへ移行する、電気スクールバスによってディーゼルバスの健康被害から児童を守る、電気車両充電所へのアクセスを拡大し、電気車両の個人所有に伴うコストを軽減する、カーシェアリングプログラムによって電気車両の共有を促進する、こと等を推奨した。【気候エネルギーソリューションセンター】
記事に含まれる環境用語 |
温室効果ガス
プレスリリース |
https://www.c2es.org/press-release/brief-how-electrified-transportation-can-benefit-low-income-communities/

ページトップへ