EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、ハリケーン「ハービー」のスーパー... 
次の記事へ
 件数:712件
 カテゴリ「健康・化学物質」
 
 7-14件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.09.02  情報源 |  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
アメリカ環境保護庁、ハリケーン「ハービー」のスーパーファンドサイトへの影響を報告
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、ハリケーン「ハービー」がテキサス州のスーパーファンドサイトへ及ぼした影響を報告した。
 EPAとテキサス州環境質委員会(TCEQ)は連携し、他の地方・州・連邦機関や緊急対応要員と共に24時間体制で、人の健康と環境に対するハービーの影響(特にテキサス州南東部の壊滅的洪水)に対処している。スーパーファンドサイトには有害物質が多く存在するため、洪水などによる流出が懸念される。
 EPAは空中画像を用いて41のスーパーファンドサイトの初期評価を実施し、サイト浄化の担当者に問い合わせた。その結果、28サイトではハービーに関連する被害や大洪水は確認されなかった。13サイトは既に洪水が発生または現在被害が発生している可能性があり、そのうち2サイトについては、調査の結果、緊急の浄化は不要と判断されたが、さらにサンプリングを続ける。また、11サイトは緊急対応要員が立入っていないが、水が引き次第、被害を調査する準備が整っているという。
 EPAやTCEQ等は引き続き最新情報を提供していき、また、地域社会に対し、安全に関する自治体職員の専門的助言に従うよう促すとしている。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
有害物質
プレスリリース |
https://www.epa.gov/newsreleases/status-superfund-sites-areas-affected-harvey

ページトップへ