一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

国連環境計画など、新型コロナウイルス感染拡大の影響で在宅する子供達に環境教育コンテンツを配信

環境学習 こどもの環境学習】 【掲載日】2020.05.07 【情報源】/2020.04.22 発表

 国連環境計画UNEP)とTED-Ed(TEDの教育部門)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大による教育分野の危機に対応し、在宅している世界中の生徒や保護者、教師を支援するため、子供達が自然界との繋がりを理解するのに役立つ教育コンテンツ「地球学校」(Earth School)の配信を開始した。この企画に、ナショナルジオグラフィックやWWF、ユネスコなど30の団体が協力する。
 ユネスコによると、現在15億人以上がCOVID-19による学校閉鎖の影響を受けている。このため、地球学校では5〜18歳の子供・青年を対象に、アースデイから世界環境デーまでの平日30日間、動画や読み物、アクティビティ等を通じた「冒険」を10カ国語に翻訳して無料で配信。将来、地球の環境管理者となる子供達の好奇心を育むという。TED-Edは独自に教育動画コンテンツを作成しており、地球学校では世界的に著名なメディアの動画も取り上げる。
 この企画は、先頃ユネスコが子供達の学習維持のために立ち上げた「グローバル教育連合」に寄与するもので、UNEPはインターネットにアクセスできない子供達への対応を検討するという。
国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース