一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ベンゼン

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

ベンゼン

ベンゼン   【英】Benzene  [略]C6H6  

解説

水に溶けにくく、各種溶剤と混合しよく溶ける。化学式はC6H6、分子量は78.11、融点は5.5℃、沸点は80.1℃。常温常圧のもとでは無色透明の液体で独特の臭いがあり、揮発性、引火性が高い。かつては工業用の有機溶剤として用いられたが、現在は他の溶剤に替わられている。

大気中の環境基準は、白血病に対する疫学的な証拠があること、そのことについて閾値がないとされていることなどから、年平均値が0.003mg/m3以下であることと定められている。

自動車用のガソリンに含まれ、自動車排出ガスからも検出される。その許容限度は大気汚染防止法(1968)により1体積パーセント以下と規定がなされている。日本では、労働安全衛生法(1972)において特定化学物質大気汚染防止法において特定物質、水質汚濁防止法(1970)において有害物質に指定されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト