一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 シイ林

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

シイ林

シイリン   【英】Evergreen Oak Forest / Shii forest)  

解説

シイ林はカシ林タブ林とともに日本の暖温帯の代表的な植生である。琉球列島から太平洋側は福島県南部まで、日本海側は新潟県佐渡島にまで分布する。海岸沿いの尾根部や南向きの斜面などに成立し、タブ林より乾いた環境に多くみられる。ブナ科の常緑高木であるスダジイ、ツブラジイなどが優占し、イチイガシ、ウラジロガシ、タブノキなどが混生する森林。

鹿児島県大隅海峡を境に、混生する種の組成によって、亜熱帯性のシイ林と、暖温帯性のシイ林とに大別される。前者は、リュウキュウアオキ、シシアクチ、オオシイバモチ、アデクなどが混生し、屋久島、種子島、琉球列島でみられる。後者はヤブコウジ、テイカカズラ、ベニシダ、アラカシ、キヅタなどが混生し、九州以北に広がる。シイ林の分布域は人の生活域であり、古くから利用されてきたため萌芽による二次林が多く、自然林は少ない。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト