EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:131件
 索引:「チ」
 122-131件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
長距離越境大気汚染条約
チョウキョリエッキョウタイキオセンジョウヤク   【英】Convention on Long-range Trans-boundary Air Pollution   [略]LRTAP   [同義] ジュネーブ条約  LRTAP条約  ECE条約 
 解説 |
国連欧州経済委員会(Economic Commission for Europe; ECE)による、歴史上初の越境大気汚染に関する国際条約。
環境大臣会合に採択された枠組み条約であり、ヨーロッパ諸国を中心に、米国、カナダなど49カ国(当時のEC含む)が加盟(日本は加盟していない)。1979年締結、1983年発効。
加盟国に対して、酸性雨等の越境大気汚染の防止対策を義務づけるとともに、酸性雨等の被害影響の状況の監視・評価、原因物質の排出削減対策、国際協力の実施、モニタリングの実施、情報交換の推進などを定めた。
発効後、資金供与について定めたEMEP議定書(1984)、SOxの30%削減を定めたヘルシンキ議定書(1985)、NOxの削減について定めたソフィア議定書(1988)、VOC規制議定書(1991)、SOxの削減について定めたオスロ議定書(1994)、重金属議定書(1998)、POPs議定書、酸性化・富栄養化・地上レベルオゾン低減議定書(1999)の8つの議定書により、補足・強化されてきている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  富栄養化
  重金属
  酸性雨
  越境大気汚染
  モニタリング
  ヘルシンキ議定書
  ソフィア議定書
  オスロ議定書
  VOC
  EMEP議定書
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境酸性雨
  公害問題大気

 関連Webサイト |
  条約関連(英文)
http://www.unece.org/env/lrtap/
  条約の批准状況(英文)
http://www.unece.org/env/lrtap/status/lrtap_st.htm
  条約概要(英文)
http://www.unece.org/env/lrtap/lrtap_h1.htm
  条約本文(英文/PDF)
http://www.unece.org/env/lrtap/full%20text/1979.CLRTAP.e.pdf
ページトップへ