一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 IPCC第二次評価報告書

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

IPCC第二次評価報告書

アイピーシーシーダイニジヒョウカホウコクショ   【英】Second Assessment Report (of the IPCC)  [略]SAR  [同義]IPCC第二次評価報告書 

解説

IPCCの第二次評価報告書の略号。

第二次評価報告書は、第一次評価報告書(FAR)以降における気候変動に関する最新の科学的、技術的及び社会経済学的評価を行い、1996年にジュネーブで行われる気候変動枠組条約第2回締約国会議(COP2)に提出するため、1992年11月の第8回全体会合においてその作成が決定され、1995年12月に発表された。

SARは二酸化炭素の温暖化寄与度がもっとも高いことを確認、二酸化炭素の大気中濃度を現在の二倍に抑えるとしても、1990年よりも排出量を抑える必要があることを示した。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト