EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
オクタノール/... 
次の記事へ
 件数:79件
 索引:「オ」
 23-32件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
オクタノール/水分配係数
オクタノールミズブンパイケイスウ   【英】Octanol Water Partition Coefficient   [略]Po/w  
 解説 |
1?オクタノール(octanol)と水(water)の2つの溶媒相中に化学物質を加えて平衡状態となった時の、その2相における化学物質の濃度比のことで、Powはその略語である(Kowと書く場合もある)。
Powは化学物質の疎水性(脂質への溶けやすさ)を表す物理化学的な指標とされ、一般的に対数値(log Pow)で記述される。
化学物質の生物体内への蓄積性はその化学物質の疎水性とよく相関することが知られている。このため、化学物質の生物濃縮性(蓄積性)を予測または判断するのにPowが用いられる。ただし、体内で分解されやすい物質やPowを求めることができない物質(界面活性剤など)には利用できない。
化学物質審査規制法における新規化学物質の審査では、生物濃縮性の判断にPowが利用されている。また、魚に対する毒性の強さにも疎水性が関係しており、作用様式によって程度は異なるが、化学物質の疎水性が高くなるに従ってその毒性も強くなることが知られている。このため、化学物質の魚類急性毒性LC50)を予測するのにもPowが利用される。
 この解説に含まれる環境用語 |
  生物濃縮
  急性毒性
  界面活性剤
  化学物質審査規制法
  LC50
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」における「化学物質の分配係数(1-オクタノール/水)の測定方法及びその結果の取扱い」改正案に対する意見の募集について(平成14年8月19日環境省報道発表)
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=3545
  化学物質の1-オクタノール/水分配係数と生物濃縮性との関連性に関する統計学的考察に関する報告
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/new_page/1/toukei.pdf
  分配係数(1-オクタノール/水)測定試験(抜粋)
http://www.safe.nite.go.jp/kasinn/genkou/kasinhou02test3.html
  HPLC法「1-オクタノール/水分配係数」を魚介類の体内における濃縮度を判定するための知見について
http://www.safe.nite.go.jp/kasinn/newshtml/hplc20041126.html
ページトップへ