EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:33件
 索引:「ブ」
 24-33件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.12.03 更新日 | 2014.02.25
VOC汚染
ブイオーシーオセン   【英】Volatile Organic Compounds Pollution   [同義] 揮発性有機化合物による汚染 
 解説 |
 常温・常圧で揮発する有機化合物による、主に土壌・地下水や室内空気などの汚染をさす。揮発性有機化合物による汚染ともいう。

 揮発性有機化合物VOC)は、油脂成分の溶解能や難分解性、不燃性などの特性により、洗浄剤や、塗料・接着剤の溶剤などで広く普及してきた。主な用途は、IC基盤や電子部品の洗浄、金属部品の前処理洗浄、ドライクリーニングなど。

 一方、吸引によって頭痛やめまいの原因になるほか、中核神経や肝臓・腎臓機能障害、発ガン性を示すことが報告されるなど問題化。近年住宅の室内空気汚染の原因としても注目される。また、大気中に放出され、オキシダントやSPMの発生に関与していると考えられている。2004年には大気汚染防止法(1968)の一部改正がなされ、浮游粒子状物質、光化学オキシダント生成の原因となる揮発性有機化合物の排出を抑制して大気汚染を改善するために、排出規制が行なわれることとなった。
 この解説に含まれる環境用語 |
  難分解性
  地下水
  大気汚染防止法
  大気汚染
  室内空気汚染
  光化学オキシダント
  揮発性有機化合物による汚染
  揮発性有機化合物
  VOC
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題大気
  公害問題水質汚濁
  公害問題土壌・地下水

 関連Webサイト |
  土壌・地下水汚染に係る調査・対策指針の概要(環境省)
http://www.env.go.jp/water/dojo/ref01-1.pdf
  土壌環境基準別表(環境省)
http://www.env.go.jp/kijun/dt1.html
  地下水環境基準別表(環境省)
http://www.env.go.jp/kijun/tikat1.html
ページトップへ