一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 コークス乾式消火設備

作成日 | 2007.05.10  更新日 | 2009.10.14

コークス乾式消火設備

コークスカンシキショウカセツビ   【英】Coke Dry Quenching equipment  [略]CDQ  

解説

製鉄所のコークスの冷却設備において、赤熱コークスの冷却を従来の水に代わって窒素を用いて行う技術。二酸化炭素の排出削減だけではなく、水資源の節約と窒素酸化物硫黄酸化物の削減にもつながる。2006年1月に独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)が申請したインドジャムシェドプール市での技術整備が、国内36件目のCDMの案件として認められた。このプロジェクトによる二酸化炭素の排出削減量は、年間平均約13.7万トンと見込まれている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト