EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
スマートハウス  
次の記事へ
 件数:78件
 索引:「ス」
 65-74件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2013.08.22 更新日 | 2013.09.02
スマートハウス
スマートハウス   【英】Smart House  
 解説 |
 スマートハウスとは、HEMS(Home Energy Management System)として家庭にエネルギー管理システムを導入し、家電、太陽光発電、蓄電池や電気自動車などを一元的に管理する住宅である。さらに家庭のエネルギー消費をスマートメーターにより見える化を図ると共にスマートホンなどを使用して遠隔操作等も可能にすることを目指している。
 2010年にAPECの開催に合わせて横浜のみなとみらい地区に実証実験住宅が設置されている。2011年には神奈川県藤沢市に街全体をスマート化したスマートタウン構想も発表されている。各住宅メーカーがスマートハウスの販売を加速化させている。
 また、同じような住宅にエコハウスと言う概念が環境省で提唱されている。これは断熱や機密構造などの環境基本性能を確保し自然・再生可能エネルギーを活用する住宅である。
 21世紀環境共生型住宅モデル整備事業として2008年から20の自治体で実施されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  電気自動車
  太陽光発電
  再生可能エネルギー
  共生
 この環境用語のカテゴリー |
  環境全般環境全般
  環境一般環境経済

 関連Webサイト |
  JSCAスマートハウス・ビル標準・事業促進検討会第3回会合を開催しました
http://www.meti.go.jp/press/2013/05/20130515004/20130515004.html
  環境省エコハウスモデル事業
http://www.env.go.jp/policy/ecohouse/conference/index.html
ページトップへ